アメリカでの「前世療法」の発展

3

 

アメリカでの「前世療法」の発展
1956年にアメリカでベストセラーになった『ブライディ・マーフィをさがして』という本があります。これは記録に基づいたお話で、催眠研究家のM・バーンステインがコロラド州に住む女性に催眠を施したところ、彼女は前世にアイルランドのブライディ・マーフィという女性であったことが分かり、実際に確かめることができたのです。

 

以後、生まれ変わりの思想を持たない、キリスト教国のアメリカでも輪廻が信じられるようになり始め、『前世療法』のワイス博士の著作により、ニューエイジ的思想を持つ、主に中流階級以上のセラピーを受ける習慣のある人達に広まりました。ヒプノセラピストは、現在アメリカでは弁護士に匹敵する職業と言われています。

 

参考文献
「ヒプノセラピー」米国ヒプノセラピー協会会長 A・M・クラズナー 出版社ヴォイス
「前世療法」ブライアン・L・ワイス博士著 PHP研究所

 


| 1/13PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM